2017/10/16

蠍木星のアファメーション

こんにちは!キタミチ テルです。

『新里ひろき・来日心理占星術セミナー2017 in東京 』
いよいよ今週末ですね!

こころざしを同じくする仲間と話し合えること、とても楽しみです。
ご参加のみなさま、どうぞ仲良くしてやってくださいね!
(お気軽にお声がけください^^ 喜びます!)


そして今週末といえば、「衆議院議員選挙」ですね。
私はセミナーに参加するので期日前投票をするつもりですが、日本では選挙の投票率って低いですよね。いったいどうしてなんでしょうね?


「投票に行かない」理由

もちろんいろんな立場からの見方がありますが、私は心理占星術を扱うものとして「成長過程で獲得したパターン」を考えてしまいます。

何も考えない、感じない、意見は持たない
何も言わない(どうせ聞いてもらえない)
事は、あえて起こさず、ただ、時が過ぎるのを待つ

下手に意見を持てば「ひどい環境」をはっきり意識することになるし、辛さも、何倍にもなる。
文字通り、あるいは比喩的な意味で「叩かれる」ことさえある。

そんな不条理な環境で力のないもの子どもが生き延びるためには、「無関心」は非常に有効な(必要な)やり方ですよね。
そして、それがいつしか無自覚のパターンになるのも「自然」なことです。
(そしておそらく「上」がひどければひどいほど、同じやり方で生き延びようとするのです。)


ただ、たとえば選挙のような場面でこのパターンを使うのは、かえって危険ですね。

「家庭」や「学校」なら時期が来れば出ていくこともできますが、「国」ではなかなかそうもいきません。
選挙では「何もしない(棄権する)」ことさえも、結果として何かを「支持」することになりますしね。
(でも、ここでは社会的な観点から「選挙に行こう!」というつもりはありません。怪しいブログですから^^)


ところで、話は変わりますが、セッションや研究で色々な方の「人生」をみていると、「大きな変化」の前にちょっとした「兆候」がみられることがあります。
長いトンネルの先に光を見出す前に、ふと靴の紐を結び直すような――人生の大筋やその後の展開に直接は関係しない、ちょっとしたアクション――「流れのさかい」と呼応する小さな「しるし」
みなさんも、何か思い当たることはありませんか?

で、「選挙で票を投じる」ことって、この「しるし」になり得ると思うんですよ。
「人生を変えたい」「停滞から抜け出したい」方にとっての「兆候」となりうる。

もちろん、支持した人が敗れて(また)傷つくかもしれないけれど、それでももういちど「自分で考えて、意見を持って、行動する」ことは、行為の地味さからは思いもよらないほどに「パワフル」です。

「私には力がある」
「そしてそれを使うことができる」

という(「世界」に向けての)宣言ですから。投票は!(大げさ 笑)
こんな素敵な「アファメーション」使わない手はないですよ。


折しも、「幸運の星」木星は「政治」や「力」と縁の深い蠍座にあります。
力を(どんなに小さなものでも、疎かにせず)行使することは「開運」にもつながるかもしれませんね。^^


~∵~∴~∵~∴~∴~

代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)※10/20(金)は16:00まで
※メニューと料金が一部改訂となります。
(詳細はもうしばらくお待ちください。お急ぎの方はお問い合わせくださいませ。)

「ノエル・ティル心理占星術」練習会
10月27日金曜日 11:30-13:30
11月17日金曜日 11:30-13:30
★10月は「似た傾向をもつ3人」を取り上げます。
「シンプルな言葉」で「人物」をつかむプロセスをぜひご一緒しましょう!

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ
スポンサーサイト
2017/10/08

天秤座の太陽 後半 2017年10月8日- 23日

10月8日から23日にかけて
太陽は、天秤座の後半を進みます。

10日、木星が蠍座へ移動
太陽は水星とともに冥王星と
乙女座の火星は土星と
それぞれスクエアを形成

金星は、火星、土星から離れ
14日夜に天秤座へ

17日、水星が天秤座から蠍座へ移り
木星と合

20日早朝、海王星とむすぶ新月
天王星とのオポジションを土星が調停

23日未明、火星が天秤座へ

--☆--・--☆--・--☆--

ムードがグッと変わりそうですね。

10日の木星蠍座入りからの、冥王星、土星、木星の(サインを通じた)つながり

ザ・王道、正統の中の正統、揺るぎない(一部の隙も無い)信念、強い(確信に満ちた)目的意識、努力と実力に裏打ちされた(有無を言わさぬ)迫力、などといったイメージがわいてきます。
天秤座・乙女座の天体からはスマートさや慎ましさも感じますが、それも決して甘くはない。「目が笑ってない」とでも言いましょうか

控えめな中に、とても、鋭いものがある
押し付けるわけではないけれど、あえて隠しもしない

立場を変えれば

あからさまに強要されたわけでもないのに、無視もできない

そんなピリッとした雰囲気が、そこかしこで感じられるでしょう。


向き合うべきものから逃げずに関わってきた方や、見てくれだけではない「本物」を(自分に対しても)辛抱強く求めてこられた方には、いよいよ手ごたえの感じられる(でもどこか、心静かな)時期になりそうですね。
これまでの努力が報われるような出会いや出来事の予感さえ、あるかもしれません。


木星は「寛容」や「開放」も象徴します。

堅い堅い『蠍の門』が開いて、これまでは入ることなど考えられなかったところ(場所であれ、関係であれ、境地であれ)に、立ち入っていけるかもしれません。
あるいは、「決して離れられない」と思っていたものから抜ける可能性がみえたり、「門外不出」(と思い込んでいた)何かが、溢れ出るかもしれません。
「門」の先(もしくは門から出てきたもの)には、かなりの「圧」がありそうですし、出入りにあたって捨てるものや、何らかの覚悟も必要でしょう。

さてさて、それに恐れをなすのか、ツボ押しのような心地よさを感じるのか?


おそらく12月の半ばくらいまでは、それでもまだ、様子を見たり、やさしく「配慮」したり(されたり)もできるでしょう。

とはいえ、「そこそこの感じ」から得られるものは、僅かです。
『門』も、いつまでも開いているわけではありませんね。

~∵~∴~∵~∴~∴~

あなたの本気を
嘘のない心を
静かな目で見ている

受け止めきれるのか
辛くしてしまわないか
つぶさに聞き取っている


安心したいだけなら
他をあたったほうがいい

あなたに渡したいものは
とても重いものだから

~∵~∴~∵~∴~∴~

代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)※10/20(金)は16:00まで

「ノエル・ティル心理占星術」練習会
10月27日金曜日 11:30-13:30
11月17日金曜日 11:30-13:30
★10月は「似た傾向をもつ3人」を取り上げます。
「シンプルな言葉」で「人物」をつかむプロセスをぜひご一緒しましょう!

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

2017/10/03

10月の「ノエル・ティル心理占星」練習会

こんにちは、キタミチ テルです。

すっかり涼しくなりましたね。
物事にじっくり取り組むにはよい季節!ということで

10月の心理占星術 練習会のお知らせです。

-・:・-・:・-・:・-・:・-・:・-・:・-・:・-

10月は、「似た傾向を持つ3人」の出生図を分析してみましょう。
ホロスコープの心理分析や適職判定にも「似た傾向」はあらわれるでしょうか?

複数のチャートを見比べる、というのは、ひとりの人物をじっくり掘り下げるのとはまた違う楽しさがあります。

同じ手順を繰り返すことで、ティル式の分析技術もさらに磨かれ、定着していくことでしょう。
学んだ知識を試してみる場としてもぜひご活用ください。


~*~キタミチ テル 《ノエル・ティル心理占星術》 練習会~*~

ホロスコープを、ごくシンプルな言葉を用いて分析し、解釈していく練習会です。
断片的な占星術の知識を「人」へとつなげていく、奇跡のようなプロセスをご一緒しましょう。

日時 : 2017年10月27日(金)11:30-13:30

場所 : 第三の眼 代々木店

料金 : 4,000円

参加条件 : どなたでも

※ホロスコープ分析法そのものについて一から解説はできませんが、心理占星術に興味をお持ちの初学者の方のご参加も歓迎いたします。

持ち物 : 筆記具
※分析に必要なチャートはご用意します。

お申込み・お問い合わせはこちら
予約フォーム

★ 11月は17日(金)11:30-13:30を予定

~~*~~*~~*~~*~~

心理占星術のセッションと個人レッスンはこちらで承っております。
代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)※10/20(金)は16:00まで

ご予約・お問い合わせはこちら


2017/09/28

木星と天王星、今期最後のオポジションによせて

こんにちは、キタミチテルです。

気持ちのいい季節になってきましたね。
まさに行楽シーズンといったところですが、中高生はそろそろ定期考査が気になるのでしょうか?
大人になった今、あの迫りくる「to Do」がないだけでも、よかった~と思ってしまいます。^^;


ところで試験対策においては、よく「出題者の意図を考える」よういわれますね。

何を問われているのか、どんな解答を期待されているのか、質問者の思いを汲み取り、より的確に「応え」られるよう努める ―― 「答え」そのものをストレートに追及するより有効な場合も多い、おそらく「勉強ができる」「よい子」ほど得意なアプローチです。

ただ、あまり「誰かの意図や要求あっての自分」に慣れすぎてしまうと、そうでないときに戸惑ってしまうようですね。

たとえば、自分の「ただそうしたい」を、うまく扱えなくなる。

傍から見ても本人によく合っている(そして自分でも好きな)ことをしているのに、「これでいいの?」と不安になり、疑ってしまう。
ありもしない「意図 」を探るように、 周囲の思惑や自分が「そうするしかない理由」("運命"とか?)を探して、物事を複雑にする。
「答え」や「結果」が遅れると焦る。
時には「(人に与えられた課題ではなく)自分で課題を作って解こうとしている」(大それた?)自分を責める。罪悪感を持つ。
そして、そんなモヤモヤの原因 ―‐ 「障害」を、周囲に見つけようとする。

・・・本当に、傍から見ると順調なのですよ。本人のリソースも、環境も、星の巡りさえ、整っている。
なのに、本人だけが「くすぶっている」のです。不思議なことに。

もちろん、すぐにうまくいかないことや時間のかかることもあるけれど、今、足りないものはなく、だれも、何も、止めてはいない。何も障害はない
なのに、どうしてそんなに、内から湧き出るものを疑うのでしょうね。。。


「課題」にどう取り組んでも、(自分の力で解いていきさえすれば!)きっと「加点」が続くでしょう。^^
学校のテストとは違います。模範解答なんてない。

もっとシンプルに!楽しく!出題者の意図なんて考えないで「やりたいように」いきましょう!

~∵~∴~∵~∴~∴~

代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)

「ノエル・ティル心理占星術」練習会
10月27日金曜日 11:30-13:30
11月17日金曜日 11:30-13:30
★「シンプルな言葉」で「人物」をつかむプロセスをご一緒しましょう!

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ


2017/09/25

「カミングアウト」した話

こんにちは、キタミチ テルです。

このブログを読んでくださる方はほとんどが「占い好き」だと思うのですが、「占いやってます!」とか「占星術に興味津々です!」とか、人には言いにくくないですか?(笑)

私にとってはかなり勇気のいることでした。

言いにくい理由としては、まず「占い」の社会的なイメージ(あやしい!)
「占い師(プロ)」と名乗る実力が自分にあるのかという疑念
そして、おそらく一番のひっかかりは、勉強を始めたきっかけが「挫折」だったことにあるでしょう。


本当によくある話なのですが、熱いこころざしをもって保育の仕事に就いたものの、出産後に退職。
社会復帰を目指しての紆余曲折あるなかで(うっかり!)占星術と出会い、のめり込み、結果「愛する仕事」(と「まっとうな社会的ポジション」)を離れてしまった。。。

占いの勉強そのものは本当に楽しい。(今でも楽しい!)

でもどこか「道を外れた」「逃げた」ような気がして後ろめたく、中でも「昔の私」を知る人には言えないまま、こっそりと勉強を続けていました。
「すっかり変わってしまった自分」をどう受け取られるか、怖かったのでしょう。

でもだんだん誤魔化せなくなって、ある時思い切って告白したんですね、物心つく頃からの幼なじみに。
絶縁される(!)ことも覚悟して「占いを勉強している」と口にしたところ、彼女はあっさりこう言いました。

「へー、原点回帰だね。」

???
「原点に回帰?」「踏み外した」のではなく???

こちらの方がびっくりしながら思い返してみると、ハイハイありましたよ!数々の思い当たることが!
少女のころ、占い雑誌を欠かさず買って隅から隅まで読んでいたこと
手書きのホロスコープに、これまた手書きの「解説」を添えて配っていたこと(うわぁ!迷惑!笑)

すっかり忘れていたけれど!たしかに「占い」の方が先でした。
「人への興味」とか「人が生きるドラマ」みたいなものに魅かれる気持ちがまずあって、それが「子どもと関わる仕事」に向かっていたんですね。

言ってみてよかった。。。間違った道を進んでいるわけではない。

彼女のことばを聞いてずいぶん楽になりました。
(後年ティル先生のコンサルテーションを受けたとき、保育士は「あなたの仕事ではない」とバッサリ断言されました。^^)


お客さまからも似たようなお話を伺うことがあります。
隠していた趣味や目標について意を決して打ち明けたときの周囲の反応の薄さたるや!(笑)

「あなたらしいねー」とか「そうなんだー♪ ^^」「へー ^^ 」とか。
満を持しての「告白」も(自分をよく知ってくれている)たいていの人にとっては「いかにもその人らしい」(だから)「どうってことない」話のようで。。。「身の程知らず」とか「キャラじゃない」「軽蔑される(?)」などと考えているのは往々にして「自分だけ」のようです。


もちろん、何でもかんでもオープンにしろ、という意味ではないですよ。伝える相手は選ぶ必要があるし、ひそかに大好きな世界を追求するのも、楽しく豊かなものです。

でも先月書いたように「すき」を尊重すること、隠すことが「自分自身の否定」とつながっているなら黙ったままでは苦しいのではないでしょうか。

オープンさをあらわす木星が社交的な天秤座にあって、牡羊座の天王星との最後のオポジションを形成します。太陽も天秤座に移りました。

「人に言わないでいる」ことに引っ掛かりがあるならば、よいタイミングかもしれません。^^

ちなみにくだんの幼なじみは、後日私の「最初の(有料の)お客さま」になってくれました。占いに行ってみようと思ったときに「そういえば・・・」と思い出したそうです。
人に言ってみることって、思う以上にパワフルなきっかけになることがあるんですね!

~∵~∴~∵~∴~∴~

代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)

「ノエル・ティル心理占星術」練習会
9月29日金曜日 11:30-13:30
10月27日金曜日 11:30-13:30
★9月はひとりの人物にじっくり迫ります。
「シンプルな言葉」で「人物」をつかむプロセスをご一緒しましょう!

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

2017/09/23

天秤座の太陽 前半 2017年9月23日- 10月8日

9月23日早朝から10月8日にかけて
太陽は、木星と同じ天秤座の、前半を進みます。

6日、牡羊座の満月を経て
冥王星とのスクエアへ

遡って9月、24日から25日あたり
木星、天王星、海王星のタッグに
乙女座の火星が加わり

29日、冥王星が動きを止めて順行へ
その前日、28日
木星、天王星の対峙は最後のピークを迎える

金星は乙女座
火星を追いかけ、満月の日に重なってのち
土星とのスクエアへ向かい

乙女座を先行する水星は
土星とのスクエアを過ごし、30日に天秤座へ

--☆--・--☆--・--☆--

木星が天秤座から蠍座へ移る直前の、太陽天秤座期間。昨年秋からの天秤木星テーマの「総仕上げ」感がありますね。

土星以遠の天体も含めて考えてみると、この一年で「自分を隠さなく(隠せなく)なった」「自分に嘘がつけなくなった」方は、多いのではないでしょうか。
「存在の核」のようなものから立ちあらわれる「どうしようもなくそう」である自分、心から「そうありたい」自分のまま、「おもて」に出ていく。
未知のエリアに踏み出す高揚と戸惑い。
「本当にいいの?」という疑い。
意気揚々と、あるいは半ば仕方なく開き直るかのように出ていった先で、「反応」を得て新たなバランスやスタイルを作る。

たとえばこんな動きが一年で進んだ方もあれば、一年かけていよいよ気付いた方もあるでしょう。
いずれにしろこの時期は「さらなる加速」といった感じでしょうね。

そして、大きなテーマをより身近で展開していく動きの速い天体は、そろって乙女座。

金星と火星の合に海王星、等々
使命感、ごく実際的な奉仕、こころざしからの行動と協調。
繊細な創造性、そして(傍からは見えにくい)官能性。

「仕上げ」や「前進」に向けての作業に、マニアックな喜びを感じるかもしれません。
自分を正直に活かすことと人に喜ばれることが、見事に調和するかもしれません。

土星、海王星とのハードは(昨年の土星海王星スクエアを思わせる)「前と似たような出来事」「不安」もあらわすけれど、むしろ「変わったんだ! ^^」ということを実感する(試す)よい機会になるのではないでしょうか。
一年前と今とでは、明らかに環境も"経験値"も違いますからね。

~∵~∴~∵~∴~∴~

とりどりの糸をあわせて縫い上げる。

一刺しの集合が、大きな調和を描くように

色と色とが響きあい、絶妙なバランスを生むように

官能をフルに使って、納得のいくまでやり直す

緻密に、ときに大胆に

誰もが思わず魅かれるほどに


~∵~∴~∵~∴~∴~


代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)

「ノエル・ティル心理占星術」練習会
9月29日金曜日 11:30-13:30 
10月27日金曜日 11:30-13:30
★まだお席ご用意できます!
「シンプルな言葉」で「人物」をつかむプロセスをご一緒しましょう。

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

2017/09/15

学び方にはコツがある

こんにちは、キタミチ テルです。

「ティル式」の心理占星術に出会って、かれこれ6年になります。
今でこそ「ノエル・ティル式心理占星術マスタープログラムJAPAN」の認定書もいただいて、さも知ったふう(笑)でおりますが、はじめのころはとにかくチンプンカンプンで、、、辛かった。

もちろん日本語なら分かるし、すでに占星術の実践もしていたので専門用語も理解できる。なのに、「分からない。」
耳には入るけれど、自分が「知っている占星術」とあまりに違いすぎて、「脳が受け付けない。」
高度な科学や難解な哲学、あるいは謎の呪文を聞いているかのように、目がホロスコープのあちこちをさまよい、手ごたえのないまま時間だけが過ぎていく。
分析の手順を追うことに精いっぱいで、いつまでたっても「読める」感じがしない。

何年も占星術を勉強してきたのに!
ここ(ティル式)には何か自分の求めていたもの、、、より深く、人を理解し手伝える何かがありそうなのに!!

泣きましたよ~、文字通り(笑)


今、振り返ってみると、そこから曲がりなりにも「読める」ようになったのは、「諦めた」からだと思います。^^
「自分のやり方」にしがみつくのをやめ、「鮮やかに、さらさらと読む」ことも断念しました。

頭の中にある解釈と疑念を一旦脇に置いて、なじみの占星術ソフトを離れMC軸を垂直に立てて、ティル先生の(そして新里先生の)おっしゃる通りに「お決まりのフレーズ」だけで読んでいく。

たとえば「牡羊座の月」の解釈、ティル式だと「一番になりたい欲求」とそっけないほどシンプルです。

なので、ついつい不安になって「直観的で~、純粋で~」と付け足したくなるのですが、描写を増やして逃げたくなるのをぐっとこらえて、「一番になりたい」ということを頼りに分析を進めていきます。

太陽のエネルギー、半球の強調、両親問題と一歩ずつ一歩ずつ、頭だけでなく「感じる」ことも、恐れず取り入れながら。。。

すると、本当に不思議なことに、す~っと「分かる」ようになったんですよ。もう嘘みたいに!
(テレビショッピングの煽り文句みたいになってきました!)


実際は、「読める」ようになってからが「本番」なのですが(ということに気付いたのも最近なのですが^^;)
「占星術を学んできた」「占星術について(いくらかでも)知っている」という自負みたいなものを捨てての取り組みは、私にとってはたいそう効果的でした。

示される「簡潔な解釈(ことば)」は、決して「省略」ではなく(!)、ティル先生の長年にわたる実践が詰まった、とても濃い「エッセンス」なのですね。。。


ティル式に興味を持ちながら、どこかに難しさを感じておられる、あなた
(もしかしたら)学び方にはコツがある、かもしれませんね!


「コツ」をつかみに、ぜひこちらもご利用ください^^
~*~キタミチ テル「ノエル・ティル心理占星術」練習会~*~

実際の人物のホロスコープを、ごくシンプルな言葉を用いて、ゆっくり手順通り分析し、解釈していく練習会です。
断片的な占星術の知識を「人」へとつなげていく、奇跡のようなプロセスをご一緒しましょう。

日時 : 
2017年9月29日(金)11:30-13:30
2017年10月27日(金)11:30-13:30
2017年11月17日(金)11:30-13:30

場所 : 第三の眼 代々木店

料金 : 4,000円

参加条件 : どなたでも

※ホロスコープ分析法そのものについて一から解説はできませんが、心理占星術に興味をお持ちの初学者の方のご参加も大いに歓迎いたします。

持ち物 : 筆記具
※分析に必要なチャートはご用意します。

お申込み・お問い合わせはこちら
予約フォーム


~~*~~*~~*~~*~~*~~

心理占星術のセッションと個人レッスンはこちらで承っております。
代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)

ご予約・お問い合わせはこちらまで

2017/09/12

私のハートを鷲づかみにする!「山羊座の月」

こんにちは、キタミチ テルです。
ただいま、9月29日(金)の「ノエル・ティル心理占星術」練習会に向けて、力を込めて!準備を進めております♪


なぜそんなに力がこもっているのかというと、取り上げる予定の人がとにかく素敵!だから♪

他の候補者をなぎ倒し(?)私のハートを鷲づかみにした「山羊座の月」の男性。
「普通」で「非凡」なこの人物について語り合うのが、今からとても楽しみです。

~ ~ ~ ~ ~ ~

占星術を勉強していて、おぼろげながらも読めるようになったころ、自分のホロスコープに「悪い配置」を見つけて嫌な気分になったこと、ありませんか?

お客さまから、あるいは占星術を学ぶ方から、ご自身のチャートの「厳しさ」を心配する声はよく聞きますし

ましてや「ティル式」を知って、我が子のホロスコープにありありと「両親問題」を見つけた時の衝撃たるや!たまらないものがありますね。(・・・経験者は語る、です^^;)


今回取り上げる人物は、こういった「占星術を学ぶものが抱きがちな気がかり」に対して、ひとつのとてもよい手本を示してくれでしょう。

彼の出生図には、ティル式でいうところの典型的な「両親問題」の表示があり、そこに共鳴するように(占星術を知る誰もが指摘するであろう)「厳しい配置」が見られます。

彼は、実際どのような両親のもと、どのように人生を歩み、周囲の尊敬のみならず遠い極東の一般人(つまり私)の心までをも揺さぶるに至ったのか!?(笑)


占星術の練習会なので、手順を踏んだ分析に力を入れていますが、示唆に富む「実例」そのものからも、きっと多くのことを学んでいただけると思います。


~*~「ノエル・ティル心理占星術」練習会~*~

実際の人物のホロスコープを、ごくシンプルな言葉を用いて、ゆっくり手順通り分析し、解釈していく練習会です。
断片的な占星術の知識を「人」へとつなげていく、奇跡のようなプロセスをご一緒しましょう。

日時 : 2017年9月29日(金)11:30-13:30

場所 : 第三の眼 代々木店

料金 : 4,000円

参加条件 : どなたでも

※ホロスコープ分析法そのものについて一から解説はできませんが、心理占星術に興味をお持ちの初学者の方のご参加も大いに歓迎いたします。

持ち物 : 筆記具
※分析に必要なチャートはご用意します。

お申込み・お問い合わせはこちら
予約フォーム

★ 10月は27日(金)11:30-13:30を予定しています。

~~*~~*~~*~~*~~*~~

心理占星術のセッションと個人レッスンはこちらで承っております。
代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)

ご予約・お問い合わせはこちらまで

2017/09/07

乙女座の太陽 後半 2017年9月7日- 23日

9月7日から23日早朝にかけて
太陽は乙女座の後半を進みます。

海王星とのオポジションから
冥王星とのトラインを経て
射手座の土星とスクエア
20日の新月の、海王星との強いつながり

水星は天王星とのトラインを離れ
10日から乙女座へ
先を行く火星とともに海王星とオポジション
冥王星とトラインに

金星は獅子座
木星、土星、天王星と調和角でつながり
新月の日、乙女座へ移動

--☆--・--☆--・--☆--

6日の魚座の満月から、乙女座の新月に向かって抜けていく流れ
節目節目でカギとなるのは、茫洋とした星「海王星」

夢、理想、創造性、見えないけれど確かにある、大きく優しく美しいもの
欺瞞、妄想、逃避、見かけとは違う何か、取り残され、失う不安


「乙女座」は細かく分析し、正しい判断のもと、完璧なしごとをしようとする。
対する「海王星」は、境目がどこにあるのか、そもそも本当にそこにあるのかさえも疑わしい、混とんとした「何か」。
なのでこの組み合わせ、非常に面白くもあり、危うくもあります。


「なすべきこと」が分かっている方にとっては、コトがどんどん具体化し「これでよし」という思いも強まっていく、確かな時になりそう。
何かに導かれるような感覚さえあるかもしれないし、与えられた「使命」に感じるプライドとか、出会うものすべてから学び、成長し、極めていく喜びや楽しみ、ちょうど「必殺仕事人」みたいな(アレを推奨するわけではないですが 笑)「静かな熱さ」がありそうです。

でももし「不安」に苛まれているとすれば、、、たとえば得体のしれない恐ろしさから逃れたい一心でコトを片付けようとすれば、それはそれで、自分にとって都合の良いお話(誰かを悪者にして「犠牲者」になったり、自分を責め立てたりとかね)をうまく作って向き合うべきことを避け、ごまかすこともできそうな様子。


まあこのあたり、なかなか気づきにくいところではあるんですけど(私もね、しょっちゅう見失いますよ)
不安が強い時は、あまり動き回らないで、「わからーん!」と放り投げてしまうのもいいんじゃないかと思います。
「"神さま"の考えておられることはわからん!」みたいな感じで、「ああどうしよう、、、」 とオロオロしながらも、手を動かしてゴハンだけはちゃんと食べて、おフロに入って、寝る! 寝られなければ、「今できる、ごく実際的なこと」を(筋トレでも、非常袋の点検でも!)からだを使って行う。

自分の手に余ることに関心を持たないわけではない。「担当」以外のことにも、アンテナは立てておく。必要なこともする。
でも、ひとまず「わかりようがない」もの(相手の気持ちとか!)や「努力のしようがない」ものまでどうにかしようとするのはやめて、目の前のしごとに打ち込み、適度に休息も取りながら、質の良い「毎日」を重ねていく。そうすれば、案外確かな判断もできて、少しずつ、どうにかなっていくんじゃないかと思います。

「不安」や「もやもや」って、ちゃんとからだの真ん中を通してみれば(「うえぇっ」ってなるかもしれないけど ^^;)思うほど長くは続かないもの。

考えすぎてふわふわしているより「地に足のついた」私でいる方が、ここぞというときにも「ひょいっ」と動けるのではないか、と思います。

~∵~∴~∵~∴~∴~

他の誰でもない
あなたの手を、今、必要としている

そこに丹精を込めながら

「まだまだ足りないのだ」という

あなたはいったい、何になりたいのだろう
どこまでいけば、満足するのだろう


~∵~∴~∵~∴~∴~


代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)

「ノエル・ティル心理占星術」練習会
9月29日金曜日 11:30-13:30
10月27日金曜日 11:30-13:30
★9月はひとりの人物にじっくり迫ります。
「シンプルな言葉」で「人物」をつかむプロセスをご一緒しましょう!

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

2017/09/04

9月の「ノエル・ティル心理占星術」練習会

こんにちは、キタミチ テルです。
9月の「ノエル・ティル心理占星術」練習会のお知らせです。


先回8月は、「似たテーマを持つ3人」の出生図を分析しましたが
9月の練習会では、再び「ひとりの人物」に目を向けて人生の発展の様子までを見ていきましょう。


まず、その人物のコンサルテーションを行うつもりで、「どのような話し合いができるだろうか」と考えながら、心理分析、適職判定、健康問題の分析、重要な発展の時期のピックアップを進めます。

それから、実際の成長の様子と人生上の出来事、選択をたどり、分析でつかんだ内容と照らし合わせていきます。

ホロスコープに示された「傾向」や「問題」は、どの程度、どのようにあらわれているでしょうか?
「潜在可能性」はどれほど発揮されたでしょうか?
何が、人生の転機になったのでしょうか?


取り上げる人物はいわゆる著名人ですが、「普通の人々」と同じように迷い、悩み、挫折も経験しています。
そのような「人生の実例」からも、たくさんのことを感じ、学べるのではないかと思っています。

分析は、その場でひとつひとつ書き出し、確認しながら進めていきます。
学んだ知識を試してみる場として、ぜひご活用ください。


~*~「ノエル・ティル心理占星術」練習会~*~

実際の人物のホロスコープを、ごくシンプルな言葉を用いて、ゆっくり手順通り分析し、解釈していく練習会です。
断片的な占星術の知識を「人」へとつなげていく、奇跡のようなプロセスをご一緒しましょう。

日時 : 2017年9月29日(金)11:30-13:30

場所 : 第三の眼 代々木店

料金 : 4,000円

参加条件 : どなたでも

※ホロスコープ分析法そのものについて一から解説はできませんが、心理占星術に興味をお持ちの初学者の方のご参加も大いに歓迎いたします。

持ち物 : 筆記具
※分析に必要なチャートはご用意します。

お申込み・お問い合わせはこちら
予約フォーム

★ 10月は27日(金)11:30-13:30を予定しています。

~~*~~*~~*~~*~~*~~

心理占星術のセッションと個人レッスンはこちらで承っております。
代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)

ご予約・お問い合わせはこちらまで