2017/08/30

「すき」を尊重すること

保育園に勤めていたころ、仕事のひとつに「誕生カード作り」がありました。
誕生日を迎えるひとたちのために、手作りのカードに手形を取り、身長と体重、担任からのメッセージなどを添えてカードを作る、、、少し大きいひとからは「すきな食べ物」を聞いて書き込んだこともありました。

いちご、ぶどう、メロンなどの果物、アイスクリーム、「まぐろ」に「いくら」、「うに」なんていう高級寿司ネタも人気がありましたね。
「おにく」「パン」、、うん、分かる。肉類と炭水化物は好きなひと多いです。

個性的なところでは「こんにゃく」(ゼリーっぽいのではなく!)「するめ」(つまみ!?)「れんこん」「こんぶ」「しいたけ」(煮しめ!?)なんてのも。^^

いかにも「こどもらしい」ものも「渋い」ものも、それぞれ、そのひとらしい微笑ましさがあって、「いつまでも『○○がすき』といえるあなたでいてね♪」なんて思ったものでした。


小さい頃はどのひとも(勢いの差はあれ^^)自分の「すき」をうれしそうに教えてくれます。

なのになぜ、多くのひとが、成長するにつれて「すきなもの」や「すきなこと」を言わなくなるのでしょうか。
周囲に知られないようにするだけでなく、自分自身からも取り上げてしまう。何かを「すき」でいることを、自分に許さなくなるのはなぜでしょう。

誰かに否定されたのでしょうか?関心を持たれなかったのでしょうか?あるいは「みんなと違う」ことを恥じたのでしょうか?

「原因」はいろいろありそうですが、大事なのは、「すき」の否定は「(それをすきな)私」の否定であるということ。「自分で自分を否定し続ける」とてもつらい状態です。

何にも心を動かさず「淡々と」生きていくこともできるでしょうが、本当は存在している「すき」という気持ちをないがしろにし続けることは、思う以上につらく深刻です。

しかしこのことから、裏を返せば、自分の「すき」を尊重することが「自己肯定」につながる、ともいえるでしょう。

お客さまのご感想から、素敵な一文をおすそ分けします。

~・∵・~・∴・~・∵・~・∴・~・∴・~
好きなものは、あくまで「私が好きなもの」。
大切なのは『私』という主語を持つこと。
そして間接的にではあるけれど、『私』の感性を肯定すること

~・∵・~・∴・~・∵・~・∴・~・∴・~

9月1日、日が変わると同時に、逆行中の水星が獅子座に戻ります。
その後、皆既日食のあった場所で天王星とトラインの火星と重なり、動きを止めて順行へ


ないがしろにしても、気付かないようにしても、燃え続けている「すき」という気持ち。
もう一度、しっかり感じて表現してみるのも、よいのではないでしょうか。^^


--☆--・--☆--・--☆--

代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)

「ノエル・ティル心理占星術」練習会
9月29日金曜日 11:30-13:30
10月27日金曜日 11:30-13:30

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

スポンサーサイト
2017/08/22

乙女座の太陽 前半 2017年8月23日- 9月7日

8月23日から9月7日にかけて
太陽は乙女座の前半を進みます。

冥王星との緊張を経て、水星と重なり
木星に触れたのち、海王星と対峙
6日、魚座の満月

遡って25日、射手座の土星の順行
火星は、木星、土星と小三角

26日、天王星との緊張が続く金星が獅子座へ

1日、逆行しながら獅子座へ戻る水星
その後、日食の場所で火星と重なり
天王星とはトラインに

5日、火星は乙女座へ、水星は獅子座で順行へ

~∵~∴~∵~∴~∴~

22日の日食後、太陽は、他の天体とかかわることなく乙女座に移りました。

海王星(165度)と天王星の衝動を帯びた、獅子座の、稀有な新月(皆既日食)。
そのパワフルなスタートの衝撃、不要なものを捨て、あるいは大切なものを失う危機に瀕したことで、かえって激しくなった炎がそのまま、乙女座の「炉」に注がれます。

しかしながら、乙女座のエネルギーそのものは決して派手ではありません。
支配星の水星も逆行中、太陽と冥王星、海王星のハードも、怖れや迷いの可能性を感じさせます。
成果がすぐには見えにくく、意欲の割に「パッとしない」のかもしれません。木星とのハードは「期待しすぎ」をも示すでしょう。

柔軟宮には「準備の感覚」があります。
そして地のサインの乙女座では、ごく実際的な「作業」が求められます。
ひとつずつ、ひとつずつ、進めていきましょう。たくさんの工程があって、はじめて、巨大な建造物は姿を現します。

土星、水星の順行、金星、水星、火星のサイン移動
手を動かすうちに乗ってくる感じ、悪くないのではないでしょうか。

~∵~∴~∵~∴~∴~

熱いテーマ曲を背景に走る、「ロッキー」のよう

何度も、何度も、あの日の決意を思い

「うぶで傷つきやすい」私のまま

模索し、奮い立ち、修練を続ける


己の尊厳と、信じて待つ、人々のために

いつか、世界の方が、気付く日のために


--☆--・--☆--・--☆--

代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)

「ノエル・ティル心理占星術」練習会
8月25日金曜日 11:00-13:00
9月29日金曜日 11:30-13:30

★8月は心理面を中心に2~3人の出生図を分析します。
「シンプルな言葉」の羅列から「人物」をつかむプロセスをご一緒しましょう!

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

2017/08/10

家族との時間がつらくなる前に

こんにちは、キタミチ テルです。

新暦のお盆が近付いてきました。
この時期、仲間や家族と過ごす機会が増える方も多いことと思います。

お盆前後の星の様子を見てみると、蟹座の金星と乙女座の水星、冥王星、海王星のミスティックレクタングル、獅子座の太陽・火星と木星、土星の小三角、金星、木星、冥王星のTスクエアに月の動きも加わって、なかなかの華やかさ!
水星の動きが鈍い時でもあり

親しい人たちと豊かな時間を過ごすことで、神経を休め、元気を取り戻す、とか、「一員である」だけで肯定されるような、ゆるぎない安心を得る、なんてことが期待できる一方で

「仲良し家族」プレッシャーとでもいいましょうか、有無を言わさぬ「一致団結」「空気乱すな」の雰囲気に圧倒されたり、その「ステキな家族」を支えるために知らず知らずのうちに(見えるところだけでなく、見えないところでも)頑張りすぎてしまったり、という可能性も、、、ありそう。


後者の予感があれば、限界を超えてキレてしまう前に(まあ、そういうこともありますけどね^^;)

無理をせず(あまり飛ばしすぎず)まずは自分の状態をきちんとモニターして、「自分も含めたみんな」が楽しくいられるよう工夫できるといいですね。(家族や周囲の機嫌の良し悪しを「自分の責任」のように感じてしまいがちな方は、特にね)

助けを求めたり、一人の時間を(ほんのちょっとでいいから!)確保したりするのもよいでしょう。
もしかすると、そんなに世話したり気遣ったりしなくても「実はけっこう大丈夫」かもしれないし、、、


そして、さらに余裕があれば

なぜ、つらくなるまで頑張るのか?
頼れるリーダーでいる、あるいは周囲に濃やかな配慮を続けることで、本当は、何を守ろうとしているのか?それが必要なくなったとき、いったい何が起こる(何を失う)と思っているのか?

考えてみるのも有意義なのではないでしょうか?


せっかくの家族との時間、楽しいものにしたいから、自戒を込めて(!)書いています。^^

--☆--・--☆--・--☆--

代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)

「ノエル・ティル心理占星術」練習会
8月25日金曜日 11:00-13:00
9月29日金曜日 11:30-13:30

★8月は心理面を中心に、2~3人の出生図を分析します。「シンプルな言葉の羅列」から人物が浮かび上がるさまを、ぜひご体験ください。

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

2017/08/07

獅子座の太陽 後半 2017年8月7日- 23日

8月7日から23日朝にかけて
太陽は獅子座の後半を進みます。

木星と冥王星の緊張を背景に
8日未明、部分月食の満月

太陽、そして火星が
木星、土星と調和的につながり

水星は乙女座、金星は蟹座

仲良く手を取り合って
木星、冥王星、海王星と大きな絵を描く

13日、水星が海王星との対峙を前に逆行へ

22日、皆既日食の新月
獅子座の太陽と月が、天王星とタッグを組む

~∵~∴~∵~∴~

「星の動き」は人の世の様々な動きと共鳴しているようです。

時代の流れから個人の心の内まで、あらゆるレベルとスケールで考えることができるでしょう。

ここでは、占星家キタミチ テルが、星の動きから感じたごく個人的な印象を綴ってみたいと思います。

決して「こんなことが起こる!」と予言するものでも「こうであらねばならぬ!」というものでもありませんが、どこかでだれかの慰めになれば、心からうれしく思います。

~∵~∴~∵~∴~

もうね、やみくもに信頼しちゃってもいいと思うんですよ。物語の中の英雄みたいに

なぜだかよく分からないけれど、それでもって当然、うんと怖いけれど
「神々」とか「運命」とかいう、どうしようもなく大きいものが、「そうするよう」命じるのだから
受け入れて、もはや詮索もしないで、全身全霊で「ドラゴン」に取り組む。

使命感のような、諦念のような、あっけらかんとした明るさとともに(成り行きは、神のみぞ知る!)
弱さにつまずくことも、欲望に飲まれることもすべてよしとして、進む。

「人の身」としてはそうやって、できる精一杯を続けるしかないんじゃないでしょうか。
僥倖も、きっとそのなかにあるしね^^


もちろん、不安や違和感という形でやってくる「呼びかけ」を無視して、座したまま「かしこく」いることもできますよ。
でもねえ、せっかくのチャンスだもの、もったいないと思うんですよ?

--☆--・--☆--・--☆--

代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)

「ノエル・ティル心理占星術」練習会
8月25日金曜日 11:00-13:00
9月29日金曜日 11:30-13:30

★8月は心理面を中心に、2~3人の出生図を分析します。「シンプルな言葉の羅列」から「人物」が浮かび上がるさまを、ぜひご体験ください。

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

2017/08/02

8月の「ノエル・ティル心理占星術」練習会

こんにちは、キタミチ テルです。

8月の「ノエル・ティル心理占星術」練習会は、25日金曜日、少し早めの11時スタートです。


7月の練習会では、ある男性のホロスコープをひと通り分析し、ソーラーアークとトランジットを使って人生の発展の様子をみていきました。
出生図にみられる課題をしっかりとつかんだ上でたどる「人生のドラマ」は、それだけで心に迫るものがありましたね。
まさにあっという間の2時間でした。ご参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました!

さて8月は少し趣向を変えて、分析の基本となる心理面を中心に2~3人のホロスコープを読んでいきましょう。
7月ご参加の方々からも「とても分かりやすかった」と言っていただけたのですが、実際に手を動かしてみてはじめて「分かる」ことは多いものです。
手順通りシンプルな言葉を積み上げていくだけで、驚くほど深く「人物」に迫れることを体感していただけると思います。


~*~「ノエル・ティル心理占星術」練習会~*~

実際の人物のホロスコープを、ごくシンプルな言葉を用いて、ゆっくり手順通り分析し、解釈していく練習会です。
断片的な占星術の知識を「人」へとつなげていく、奇跡のようなプロセスをご一緒しましょう。

日時 : 2017年8月25日(金)11:00-13:00

場所 : 第三の眼 代々木店

料金 : 4,000円

参加条件 : どなたでも

※新里ひろき氏の「ノエル・ティル心理占星術」マスタープログラム第1部を受講されているとよりよく理解できるでしょう。
※ホロスコープ分析法そのものについて一から解説はできませんが、「ノエル・ティル式を見てみたい」方のご参加も大いに歓迎いたします。

持ち物 : 筆記具
※分析に必要なチャートはご用意します。

お申込み・お問い合わせはこちら
予約フォーム

★ 9月も、29日(金)11:30-13:30で練習会を予定しています。

~~*~~*~~*~~*~~*~~

心理占星術のセッションと個人レッスンはこちらで承っております。
代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)

ご予約・お問い合わせはこちらまで

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。