2017/07/07

蟹座の太陽 後半 2017年7月7日- 22日

7月7日から22日にかけて
太陽は蟹座の後半を進みます。

9日、山羊座の満月

木星、海王星とのつながりを離れ
冥王星とのオポジションを経て
火星とともに、天王星とスクエアに

お互いを煽りながら進む
獅子座の水星と双子座の金星

水星は木星とのセクスタイルを経て
土星、天王星と火の大三角へ

金星は海王星とスクエア、木星とのトラインから
土星とのオポジションに向かう

20日、火星は獅子座へ

~∵~∴~∵~∴~

「星の動き」は人の世の様々な動きと共鳴しているようです。

時代の流れから個人の心の内まで
あらゆるレベルとスケールで考えることができるでしょう。

ここでは、占星家キタミチ テルが
星の動きから感じたごく個人的な印象を綴ってみたいと思います。

決して「こんなことが起こる!」と予言するものでも
「こうであらねばならぬ!」というものでもありませんが

どこかでだれかの慰めになれば、心からうれしく思います。

~∵~∴~∵~∴~

たいせつなものを守るために
あるいは、心を同じくする「みんな」のために
小さな殻を打ち捨てて「思い切った」行動に出るときかもしれません。

見聞きしたこと、感じたことを誰かと共有してみる・・・
たとえばそんなちょっとしたやり取りが、後々の大きなうねりにつながることもあるでしょう。


ただ、この時期ちょっと「危険」なのは
どんな行動や意見にも、それに賛同する(調子のいい)「味方」がいそうなこと、、、

「いいね!」といってもらえることと、言動の「正しさ」がイコールにはならない

さらには、「応援」を受けて突っ走って、ふと振り向いてみれば自分ひとり、、、なんてことさえありそうな様子です。


「(自分以外の)~~のために」という動機は、とても尊く、この時期に有効な方向性のひとつではあるのですが、ともすると身勝手な欲望を正当化する言い訳ともなり得る、扱いの難しいものではありますね。


「献身」と「身勝手」の峻別、、、「さて、どうしたもんかな~」という感じですが(なかなか分かりにくいですよね。自分では)

「ひとりでもやれるか!?」という問いが、よいチェック項目になるのではないかと思いました。

後ろ盾がなくても、「善意」に気付かれなくても、自分に「不利」になっても、その「よい」と思うことに賭けられるのか!?「やらねば!」と思えるのか!?


答えが「YES」なら、その行動はきっとすばらしい突破口になるでしょう。

しかし答えが「NO」ならば、少し冷静になって、多様な意見に耳を傾けた方がよいのかもしれませんね。



--☆--・--☆--・--☆--

代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日 11:30-20:00(最終受付)
7月は29日(土)も担当いたします。

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

「ノエル・ティル心理占星術」練習会へのご参加もお待ちしております!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント