--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/08/07

獅子座の太陽 後半 2017年8月7日- 23日

8月7日から23日朝にかけて
太陽は獅子座の後半を進みます。

木星と冥王星の緊張を背景に
8日未明、部分月食の満月

太陽、そして火星が
木星、土星と調和的につながり

水星は乙女座、金星は蟹座

仲良く手を取り合って
木星、冥王星、海王星と大きな絵を描く

13日、水星が海王星との対峙を前に逆行へ

22日、皆既日食の新月
獅子座の太陽と月が、天王星とタッグを組む

~∵~∴~∵~∴~

「星の動き」は人の世の様々な動きと共鳴しているようです。

時代の流れから個人の心の内まで、あらゆるレベルとスケールで考えることができるでしょう。

ここでは、占星家キタミチ テルが、星の動きから感じたごく個人的な印象を綴ってみたいと思います。

決して「こんなことが起こる!」と予言するものでも「こうであらねばならぬ!」というものでもありませんが、どこかでだれかの慰めになれば、心からうれしく思います。

~∵~∴~∵~∴~

もうね、やみくもに信頼しちゃってもいいと思うんですよ。物語の中の英雄みたいに

なぜだかよく分からないけれど、それでもって当然、うんと怖いけれど
「神々」とか「運命」とかいう、どうしようもなく大きいものが、「そうするよう」命じるのだから
受け入れて、もはや詮索もしないで、全身全霊で「ドラゴン」に取り組む。

使命感のような、諦念のような、あっけらかんとした明るさとともに(成り行きは、神のみぞ知る!)
弱さにつまずくことも、欲望に飲まれることもすべてよしとして、進む。

「人の身」としてはそうやって、できる精一杯を続けるしかないんじゃないでしょうか。
僥倖も、きっとそのなかにあるしね^^


もちろん、不安や違和感という形でやってくる「呼びかけ」を無視して、座したまま「かしこく」いることもできますよ。
でもねえ、せっかくのチャンスだもの、もったいないと思うんですよ?

--☆--・--☆--・--☆--

代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日
11:30-20:00(最終受付)

「ノエル・ティル心理占星術」練習会
8月25日金曜日 11:00-13:00
9月29日金曜日 11:30-13:30

★8月は心理面を中心に、2~3人の出生図を分析します。「シンプルな言葉の羅列」から「人物」が浮かび上がるさまを、ぜひご体験ください。

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。