2017/12/20

「土星山羊座入り」が怖いあなたへ

こんにちは、キタミチ テルです。

いよいよ土星が射手座を離れ、山羊座に移りますね。
(これを書いている「今」から約30分後です!)

動きの遅い天体の移動には、期待とともに不安を感じる方も多いのですが
(特に山羊座、蟹座、牡羊座、天秤座のみなさまはドキドキでしょうか?)

(あたりまえですが)「星」そのものが何かをしてくるわけでも、ましてや、私たちを懲らしめようとしてくるわけでもないので、あまり怖がらないで ^^

「何か」が起こったとしても、占星術を知っているならば、「星の動き」を鏡として自分や周囲、出来事を理解し、その都度学び、より良い方向へ成長していけばよいだけです。
土星がどこにあろうと、どんなアスペクトを組もうと、あまり関係なく「いつも通り」過ごせばよいとも言えそうですね。

「土星山羊座祭り」を開催するもよし、淡々と過ごすもよし、です。


もちろん、土星や山羊座の象徴について考えるのは(占星術好きにとっては)楽しく有意義なことですね。

ご自分のホロスコープをご存知なら、土星の位置するハウス、山羊座の位置するハウス、土星の支配するハウスなども考慮に入れて考えてみるとよいでしょう。

そして、あまり「こんなことが起こる!」と決めつけてしまわないで、ご自身の内外を観察してみてください。
世の中の動き、周囲の人々の様子、自分自身の意識や心境の変化に、星の動きとの関連は見られますか?
実際には何が起こっていますか?


私自身の経験でいえば、実際の現象は「予測の斜め上(やや別次元?)」から現れるようです。
「予測通り」のこともあるのですが、「そう来るか!?」ということも多いのですね。(笑)

で、そういった予想外の出来事や心境の変化を占星術の象徴を使って考えるとき、理解が進んでいく楽しさと同時に、星を通じて示される「宇宙の愛とユーモア」みたいなものが感じられて本当に楽しいのです。
「こういうことが起こる!」と決めつけて自分を閉じてしまっては得られない面白さです。


動きの遅い天体(今回は土星)のサイン移動は、いつも以上に学びを深め楽しさを味わうチャンスでもあります。
どうぞ怖がらないで、顔をあげて、興味深い出来事を(キラキラした目で)探してみてくださいね。^^
(おお!あと10分! ありがとう、さようなら射手座土星~!)

~:*:~:*:~:*:~

心理占星術コンサルテーション/占星術個人レッスン/フリートーク
代々木 第三の眼 「キタミチ テル」
毎週金曜日 12月は29日まで
11:30-20:00(最終受付)

ご予約・お問い合わせはこちら

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント